クッキーを使用しています - オンラインの体験がより良いものになります。
私達のウェブサイトを使用することによりあなたの装置にクッキーを保存することを許容したこととなります。

Hattrickの歴史

第1シ-ズン(1997年8月30日)

Hattrick は1997年8月30日に誕生した。スウェーデンの16チームの間でゲ-ムが始まった。 2回の試験シリーズ(AとB)が7ラウンドで行われた。フォーメーションは4-4-2の一つだけで、トレ-ニングは全般、スタミナとプレイスキックしかない。

アップデ-ト、移籍と試合を行うため、毎晩0時30分にウェブサイトは閉鎖された。次の朝、更新されたウェブサイトで試合の結果を確認することが出来た。

懐かしの一番最初のロゴ
懐かしの一番最初のロゴ

第2シ-ズン(1997年11月23日)

Hattrickは680チ-ムによる4つのディビジョン(Allsvenskan、div I、II及びIII)に拡大され、そして、passagen.seというスウェーデンのポータルに移動される。 自由移籍市場の制度が日の目を見る(以前、どの選手にもオファーは可能だったが、オーナーによる選手の入札が承認されると移籍が決定していた)。

初めて国の代表のチ-ムの間で試合が行われた:スウェーデン対デンマーク 1-2。その時のデンマ-クはスウェーデンのクロ-ンだったが、スウェーデンは雪辱を果たすまでに多くのシ-ズンがかかった!

第3シ-ズン(1998年4月5日)

第IVディビジョンが追加され、Hattrickのチ-ム数は1704まで増える。このシーズン、初めてカップ戦と親善試合が行われた。Zakrock Roochが最初のカップ戦の勝者となった。

第4シ-ズン(1998年7月26日)

このシーズンではトレーニングがリフォームされました。何種類も新しいトレーニングが導入され、スタミナとセットプレイ以外にも全てのスキルをトレーニング出来るようになりました。 新しいトレーニングの副次的効果として、Per Emilssonが、選手レーティングの天井を破り、「聖人」のレーティングを得た最初で最後の選手となりました(このレーティングは、まず出現しないだろうとの見込みの下、加えられました)。

これにより、レーティングシステムは変更され、最高レーティング「*****」の後に感嘆符が付けられました。レーティングシステム全体は変更後、以下のようになりました: 0、 H、 HH、 HHH、 *、 **、 ***、 ****、 *****、 *****!、 *****!!、 等

第5シ-ズン(1998年11月15日)

このシーズン中に何か異常なことが本当に起こっていたとしても、歴史書には記録されていません。

第6シ-ズン(1999年3月14日)

歴史書によれば、このシーズンは特別なことは起こっていません。

第7シ-ズン(1999年7月3日)

4-4-2以外の戦術が初めて選択出来るようになり、選手の再配置が可能となりました。 同時に、選手への個別のオーダーを入れられるようになり、古い戦術の、全員攻撃、楽観、注意深く、及び超守備的に、を陳腐化させました。

第8シ-ズン(1999年10月24日)

シーズンの終わりの2000年初頭、Hattrickの更なる発展のためにExtralives社が設立されました。ゲームでは、Sunne IKがゲーム史上初めて「二冠」を達成したクラブとなりました。

第9シ-ズン(2000年2月13日)

コミュニティーは自らの意思でPassagenからDelphiフォーラムに移動し、さらに強固になった。後に自動的に統計を生成する初のコミュニティサイトとなるHTSCB(Hattrick Centoral Bureau of Statistics)が作られた。

第10シ-ズン(2000年6月4日)

このシーズンは懐かしの画面の最後のシーズンとして記憶に残されるであろう。

第11シ-ズン(2000年10月15日)


一ヶ月のダウンタイムの後、Hattrickは全く新しいデザインとたくさんの新機能と共に帰って来ました。Hattrickはスウェーデンだけで登録可能なものでなくなりました - 6ヶ国新しいリーグが出来ました: アルゼンチン、デンマーク、フィンランド、イングランド、スペイン(後にメキシコになりました)、そして、アメリカ合衆国。スウェーデンのリーグも10,920チームに拡張されましたが、すぐに埋まってしまいました。


2000年10月からの代替のロゴで一度も使われませんでした。
新規のリーグを除いた最大のニュースは、Hattrickが常時オンラインとなり、全てがライブで起こるようになりました - 試合も!レーティングシステムも刷新され、星が全部と半分のものになり、また、3つの新しいレベル(ワールドレベル、超人的、そして唯一無二)が追加され、合計15となりました。

シーズンの終わりに、ユースからキーパーのBob SunessonがHattrickに22歳で登録されました。登録時の最高のスキルが劣悪なウィンガーだったものの、後にゲームで最も有名な選手となります。

第12シ-ズン(2001年2月4日)

このシーズンから、昇格か降格をしない限り、同じシリーズに残るようになりました。以前は、同じ部のチームは毎シーズン、ランダムで所属シリーズが決まっていました。

美しい緑のHattrick Tシャツがショップにて購入可能となりました。最初に買うならこれでしょう。  Hattrickの世界に新たに4ヶ国が加わりました:ノルウェー、デンマーク、フィンランド、そして、オランダ。

第13シ-ズン(2001年5月27日)

Hattrick Supporterがリリースされ、後に、Hattrickを存続させ、発展を助けるプレミアサービスになりました。

15 SEK (約1.5€)/月で、友達リストを使用でき、ティッカーで個人の統計やライブ情報を見ることができます。さらに重要なことかもしれないが、サポーターになることで Hattrick をサポートすることができます。2ヵ月後には Supporter は試合用具、表彰棚、新聞発表、ロゴ、連盟や詳しい統計情報を得ることができるようになります。

23ヵ国も新たなリーグが加わりました:オセアニア、スペイン、ポルトガル、ポーランド、ルーマニア、チリ、ブラジル、トルコ、コロンビア、ペルー、中国、ウルグアイ、ベネズエラ、カナダ、ロシア、タイ、スコットランド、アイルランド、日本、韓国、エジプト、インド、そして南アフリカ。

Bob Sunesson’s outstanding performances for Hattrick are recognized by the HFA (Hattrick Football Association) , and they claim him to be a “beloved team member” - one of the first easter eggs in the game.

第14シ-ズン(2001年9月16日)

At last Hattrick gets its own conference system, a tree based one, and the community gets a more natural place to meet and discuss. Spanish and French language versions are launched and six new leagues join in: Singapore, Schweiz, Ísland, Belgiê, Österreich and Malaysia.

移籍のページがアップデートされ、スキルによる検索が可能となりました。その他の変更点として、チーム士気の変化が、週次に一気に起こるのでなく、日次で少しずつ起こるようになりました。

The first mobile services, for Sweden only, are introduced and Supporter is expanded with shirt numbers, guest book and federation conferences. CHPP (Certified Hattrick Product Provider), a partnership program with independent developers of Hattrick software, is also released. You could buy CHPP programs in the shop.

第15シ-ズン(2002年1月6日)

全てが起きたのは第15シーズンだと言われるかも知れません。スペシャルイベントのリリースから始まり、国際親善試合、ダービーマッチ、そして、代表戦と重要な新機能が導入されました - コミュニティの発展に役立っている大変重要な機能です。

It ended with Sweden winning the first World Cup (to noone’s surprise) and the handing out of a major economical crisis package containing lower player salaries, lower agent fees, promotion bonus, interest roof and mother- and last club money.

シーズン半ばに全チームがテレビ放映権料を受け取りましたが、これはゲームの発展と同等のペースで経済が発展しなかったために取られた措置でした。

この最中、開発や業務管理等の人員が必要となり、HTチームが3人から9人に増えました。 新規のメンバー6人はボランティアベースで手伝ってくれていましたが、後にほぼ全員Extralives社に雇われました。ドイツ語バージョンが導入されましたが、危うく気付かれないところでした。

第16シ-ズン(2002年4月28日)

Hattrickファミリーに、ハンガリー、チェコ共和国、ラトビア、インドネシア、フィリピン、エストニア、ギリシャ、クロアチア、及びユーゴスラビア、後のセルビア、が加わりました。 The mobile services are now available for all users, and player faces and bookmarks are new Supporter features. Those managers who wondered how Bob Sunesson looked like had to keep wondering as his face was covered by different objects.

ワールドカップが第一回大会期間中、独立したページとロゴを持ちました。

The HFA decide to pay 1/3 of national players’ salaries as long as they play matches for both country and ordinary team. Sweden wins the first U20 WC, again to no surprise and the first player to reach 10* is Thomas Ranlind, a Swedish goal keeper who one season later gets sacked from the game by his Swedish owner.

第17シ-ズン(2002年8月18日)

第17シーズンはHattrick開始から5周年で記念のシーズンとされました。この時期、6万人超がHattrickに参加していました。 我々は、以前15だったレベルに新たに5つのレベル(完璧 (utopian)、魔術的 (magical)、非現実的 (mythical)、超人的 (extra-terrestrial)、偉大 (titanic))を追加しました。また、新たに香港と台湾のリーグを作成し、オランダ語を追加しました。

The tree based conference system is abandoned and replaced with a new conference system, together with the sneak-peak feature. Team spirit starts being affected by transfers and Supporters get more statistics, notebook and federation newsletters. The Mod prefix also sees the light of day, to easier recognize our conference moderators.

第18シ-ズン(2002年12月8日)

3つの新しい言語バージョン(エストニア語、イタリア語、そしてデンマーク語)がリリースされ、4つの新しいリーグ(ブルガリア、エジプト、イスラエル、そしてスロベニア)が追加されました。フォーメーションの経験の向上が容易になる一方、経験を失うまでの期間が長くなりました。

The compensation for national players are changed, you don’t receive any training for national team matches but the HFA still pays 1/3 of the paycheck if the player plays a match for his country.

The Supporter package is extended with reminders and banners don’t reload for Supporters – a very appreciated feature. The LA prefix for our language administrators is introduced.

第19シ-ズン(2003年3月30日)

アクティブユーザーの人数が10万人の大台を超えました。 コミュニティ新聞はサイト上に記事を通知する場所を持ちます。AHP(Associated Hattrick Press)とチームのサポーターはどのリーグでプレーしているかなどに気づくようになり賢さが増しました。

シーズン中にフィンランド語バージョンもリリースされました。

第20シ-ズン(2003年7月20日)

試合において戦術が導入されましたが、このシーズンは親善試合でしか使えなく、また、選手の経験がパフォーマンスに影響するようになりました。 1万ユーロを払って新しいコーチがランダムに決められる、古いコーチの変更システムが刷新されました。今度は、自クラブの選手をコーチに転向させることや、好みのスキルを持つコーチを外部から招聘することも可能です。

6つのリーグ(ラトビア、スロバキア、ウクライナ、ボスニア=ヘルツェゴビナ、ベトナム、そしてパキスタン)と3つの言語(ポーランド語、ポルトガル語、そして、カタルーニャ語)が追加されました。 Supporter is expanded with more match kits alternatives, more statistics and some conference features, and the CHPP partnership program changes shape to allow more partnership programs, however not longer possible to buy in our shop.

ルーマニアが、国際大会(U20ワールドカップ)で初めてスウェーデン代表を破った国となり、そのシーズンのU20ワールドカップも優勝しました。

第21シ-ズン(2003年11月9日)

Hattrick reaches 250.000 active users! Six leagues (Paraguay, Ecuador, Bolivia, Nigeria, Al Maghrib, Føroyar) as well as six language versions (Flemmish, Turkish, Brazilian Portuguese, Romanian, Greek, Lithuanian) are added and HT Live is the big new feature.

Income from spectators is increased by 25% and we get a new format for World Cup. The first Hattrick Calender is for sale in the shop and it is also possible to bet on Hattrick matches trough a betting partner. Sweden’s dominance on the pitch gets forever questioned when Norge wins the World Cup.

第22シ-ズン(2004年2月29日)

サウジアラビア、チュニジア、コスタリカ、アラブ首長国連邦、ルクセンブルグ、イラン、ドミニカ共和国、及びキプロスがファミリーの新しいメンバーとなり、ハンガリー語、ラトビア語、アルゼンチン(後の南米)、スペイン語。及びブルガリア語が新しいバージョンの言語として導入された。

第23シ-ズン(2004年6月20日)

Hattrickのアクティブユーザー数が40万人に届き、最大で2万5千人が同時にオンラインの時間帯もありました。 To reduce the importance of the phenomenon ‘daytrading’ fees and incomes of transfers are changed making it less attractive to buy and sell player over night. The transfer compare and Total Skill Index (TSI) for all players (replacing the so called “market value”) are other measures to increase the common knowledge for how much a player is worth on the transfer.

Players salaries are changed making secondary skills much cheaper salary wise, teams’ supporters are made even smarter, all teams can get counter attacks and the amount of random is decreased in the attack/defense ratio. チームレーティングが半分下げられ、今後は全てのレベルに非常に低い、低い、高い、非常に高い、が付加されてレポートされます。

New leagues are Northern Ireland, Byelarus, Makedonija, Kenya, Panama and Jamaica, and Croatian, Hebrew, Russian and Ukrainian are added. Hattrick Clubhouse is a new premier service and Supporter gets an update with a lot of conference features among others.

第24シ-ズン(2004年10月10日)

The number of active users reaches 500.000 and is celebrated with a comic picture of the Hattrick world, which causes a small uproar in Brazil as a monkey (replaced a few days later) is placed on that part of the world.

The big news is the new cup format where 32768 teams can participate compared to earlier 8196 teams. Ticket prices and sponsor income are increased by 10% and the series place premiers are doubled.  チェコ語が新たに導入され、更に6つの新しいリーグも誕生しました: エルサルバドル、ホンジュラス、キルギスタン、マルタ、モルドバ及びグルジア。

猿抜きのバージョンの漫画。

第25シ-ズン(2005年1月30日)

スペインとオランダのアクティブユーザーの数が増えたことにより、Hattrick史上初めて、スウェーデンがユーザー人口最大の国でなくなった。 Two new training types are now possible to use, through passes and defensive positions, and shooting is made 25% more effective. Changes in the spectator formula create less fluctuation in spectator figures as supporter mood is made less important.

The “Latest news” for each series is back after 14 seasons, it disappeared when Hattrick got a new style to season 11. Al Urdun, Andorra, Georgia and Guatemala join the family and Galician becomes language number 30. FC Hong Kong make sure another milestone gets passed as they as the first team got more than 100 million € in cash funds.

第26シ-ズン(2005年5月22日)

The amount of active users is now more than 600 000. Surinam, Nicaragua, Trinidad & Tobago and Kazakhstan become Hattrick members and Serbian, Norwegian and Slovak languages are added. Supporter gets an update with statistics for bookmarks and regional conferences.

第27シ-ズン(2005年9月11日)

In just a season 100 000 new users joins Hattrick and there are now more than 700 000 active users. The manager license, to make the game easier to grasp in the beginning, is introduced. A new tactic, play creatively, is launced as well as the opportunity to order your forwards “towards wing” together with the new training type “wing attacks”. At the same time forwards start contribute less, and wingers more, to the wing attacks.

League ranking is introduced and the arena viewer where you can design your own arena is a new Supporter feature.

今シーズンは、アルメニア、レバノン、リヒテンシュタイン、モンゴル、及びセネガルに新しいリーグが誕生し、韓国語、日本語及びスロベニア語が新規に加わりました。大事なことを一つ言い残したが、Hattrickのwikipediaが出来ました。

第28シ-ズン(2006年1月1日)

Between season 27 and 28 all ownerless teams, which used to stay untouched and give walk overs until they reached the second lowest division where they got replaced, become bot teams. The next step in this “series reform” is made in the end of the season when the series system gets the shape of a pyramid (the lower division the more series) instead of a bottle and all bot teams is moved to the bottom of the pyramid.

The result is that bot teams faster make it to the bottom for replacement instead of being stuck in the middle for many seasons.

Hattrick Masters is played for the first time, with a French winner: FC Barentin. Cartoon United, a Hattrick comic, makes its first appearance on the site and Hattrick also start sponsor some real life Hattrick teams. また、新たに4ヶ国加わりました: バーレーン、バルバドス、カーボベルデ、そして、コートジボワール。

第29シ-ズン(2006年4月23日)

More than 800 000 active users play Hattrick. We get a new layout and a handy order page made in Flash. You start paying players’ salary the first week and the match reports get more event variations.

Supporter gets a massive upgrade with hall of fame, kit designer, bigger buddylist and trainer report to name a few. Moreover supporters also start getting compensated for unplanned downtime. Azərbaycan and Al Iraq make their entry in the Hattrick world and a global census about the game is made and 200 000 answers are received – fantastic!

第30シ-ズン(2006年8月13日)

ユーザー数が90万人の大台を突破しました。スタミナがシーズン中にも低下するようになり、選手は年齢と共にスキルの程度が小さくなりましたが、低下する頻度は増えました。 チームの自信が自信満々以上が得られるようになり、選手は目に見えないスキルを得られるようになりました。代表チームには幾つかのグラフィック機能が導入され、Hattrick Mastersは4週間に及ぶ大会となりました。

スペイン語の3つ目のバージョン(中央アメリカ)とキルギス語が導入され、4つの新しいリーグが参加しました: クウェート、アンゴラ、バングラデシュ、及びモンテネグロ。

第31シ-ズン(2006年12月3日)

ゲームの新しい楽しみ方として、成果、がデビューを飾りました。スポンサー収入が増加し、そして、代理人費用が減少すると共に利息の利率も低下しました。

Supporterのパッケージは、試合の統計をより多くなり、充実しました。オマーンとイエメンが新たに加わったリーグで、それに加えて、ベラルーシ語とバスク語が加わり、言語バージョンは40となりました。

第32シ-ズン(2007年3月25日)

過去最大の新機能がリリースされました:ユースアカデミー - ゲーム内で、ユースチームを管理し、将来のスター候補を育成するゲームです。リリースから1ヶ月後には、Hattrickに50万を超えるユースチームが設立されました。 Hattrickがより現代的な外観になり、ユーザーはGMの決定に対してGM組織のリーダーであるシニアGMに抗議できるようになった。

Supporterには、ユースチームの過去のトレーニングレポートが拡充され、また、選手ページでコーチのコメントが見られるようになりました。 シーズンの終わりに、選手は各自の誕生日が与えられました。その前までは、シーズン始めに各選手が一斉に年を取っていました。

第33シーズン(2007年7月15日)

Hattrickは10周年を、カレンダーツールと招待機能、そして、チャットと一体化したライブ観戦機能を導入して祝いました。後に、ロゴ評価機能を導入し、Supporterはより多くのブックマークのオプションが増えました。ガーナ、モザンビーク、カンボジア、そしてブルネイがHattrickに加わり、フリージア語とルクセンブルグ語が追加されました。

スタミナは、これまで他のトレーニングとは別に行っていましたが、トレーニングの一部に百分率を用いてトレーニングすることになりました。シーズン始めに経済改革が行われ、給料や建設費が低下するとともにスポンサー収入やチケット価格が引き上げられましたが、それは経済を立て直す最初の一歩です。シーズン終了時に相場の下落がよく起こる移籍市場でも、物価上昇が確認できるでしょう。

第34シーズン(2007年11月4日)

1月は同時に75,000人以上のユーザーがオンラインしました。低いレベルでのトレーニング速度が増しましたが、高いレベルでは減りました。同様に、年齢だけでなく、スキルレベルによるスキル低下も始まりました。新人選手の寄与やスタミナが全ての選手に等しく重要になる新マッチエンジンが親善試合でテストされ、マルチスキルな選手の起用がさらに促進されます。

ユースアカデミーも多くの改良がなされました。選手のスキルの向上、トレーニング速度の上昇、コンディションとスタミナの固定化、そして、コーチとスカウトからのより詳細な情報。

Hattrickニュース、Hattrickニュースメールがはじめて送られました。ペルシャ語がリリースされ、今シーズンからベナンとシリアのリーグが加わりました。

第35シーズン(2008年2月24日)

The new match engine is now in use for all matches. Training becomes minute based (earlier it only depended on last position played) and set pieces starts to work as all other player skills (earlier all players in the whole squad received set pieces training, and set pieces didn’t affect the salary). Fans expectations – what the fans expect before each match – is released and immediately starts to play an important part in all managers’ lives. The ticket price for places under roof is increased, and more such tickets are being sold in cloudy and rainy weather. Moreover, the home team in a derby starts to gain a small advantage which wasn’t the case earlier seasons.

シーズンのベストゲーム、Hattrickボードゲームが発売開始。史上最大のサッカーアンケート調査、Global Football Monitorで44万件の回答を受け取る。ボスニア語バージョンが始まりタンザニア語とDawlatカタール語が追加されました。

シーズンの終わりには、ユースアカデミーで条件付き交代が試せるようになりました。

第36シーズン(2008年6月15日)

Hattrick Press, our own user-submitted newspaper, is released, and the internal mail is improved with new functionality. Indirect set pieces become a reality in friendlies and the attack on wings tactic becomes more efficient thanks to a bug fix. Individual instruction makes it possible to exclude a player from skill training, but it’s not possible to run both youth systems at the same time anymore.

Hattrickにウガンダとモルディブが加わりました。新加入のチームのリーグ入りは、有人同士の対戦を促すために、新加入のチームがシリーズ唯一の有人チームとならないように改良されました。また、テストサイトのStageを通常のHattrickユーザー5,000人に開放し、フリウリ語が45個目の言語としてリリースされました。

第37シーズン(2008年10月5日)

Hattrickの新デザインが12月中旬に幕を開けましたが、これは間違いなく大きな変化です。刷新されたフォーラムや選手の顔など新しい要素がいっぱいです。サポーターはわくわくするキットデザイナーで遊べるし、監督のアバターを選択することもできます。

新デザインはとても大きな変化をもたらしたので、リリース前はどんな状況だったかをほとんど忘れてしまったでしょう。しかし、親善プールの追加や最下層のディビジョンでは同じシリーズに友人を招待することができるようになったことも忘れるべきではありませんし、

我々は掲載中の全ての移籍選手を検索できるようにしたので、もうカテゴリごとに検索する必要はなくなりました。マッチエンジンに間接フリーキックが搭載されました。beltxisがマスターズ優勝を決め、初の2回優勝チームになりました。

第38シーズン(2009年1月25日)

このシーズンから、ユースや親善試合でのテストを経て、条件付きの交代が導入されました。更に、新しい戦術も導入されました:ロングシュート

過度の移籍の防止のため、試合に出した回数以上に選手を移籍市場に載せられないようにする規則が作られました。同時に、1チームで保有可能な選手総数が50人までに制限されました。

Supporterのパッケージも大きくアップデートされ、その中でも試合のプレビューのページが最も大きな機能が追加されました。このアップデートに含まれたその他の機能として、移籍検索のプロフィール、オリジナルのショートカット作成、そして、大事なことを言い残しましたが: Supporterには従来のようにバナーが出なくなりました。

ああ、それとBallsのことを忘れちゃいけません。4月1日にHattrickアシスタントとしてBallsがゲームに参加し、手伝いに来たといっていました。Ballsは我々の、初の公式エイプリルフールのジョークで、非常に喜ばれました。

第39シーズン(2009年5月17日)

チームの自信の効果が下がるようマッチエンジンが変更され、ディフェンダーやキーパーが攻撃を止め易くなりました。同時に、試合のレーティングがより正確になり、チームの自信、混乱及び守備的なシフトが完全に現れるようになりました。

HT Liveがとても進化して、Re-Liveが追加されました。試合時間中にオンラインでなくても、あとからライブ感覚を味わうことができます。また、ベトナム語とマケドニア語の二つの言語が追加されました。マケドニア語の追加は、マケドニアとギリシャ間での実社会での命名問題がHattrickにまで波及させ、数週間もの間、両国のフォーラムで白熱した議論が行われる原因になりました。

第40シーズン(2009年9月7日)

第40シーズンは比較的穏やかなシーズンで、ゲームそのものには変更はありませんでした。しかしながら、Hattrickは長らく待ち望んだFacebookのアプリケーションを導入し、同時にFacebookのファンページも作られました。成果が更新され、達成可能な成果の一覧が見られるようになりました。ささやかな機能として監督が好きなチームのリストを作れるようになりました。

第41シーズン(2009年12月28日)

今シーズンが始まる前に、対戦を盛り上げるために、6部以下のボットチームはシーズン終了時に最下層のディビジョンからスタートすることになり、有人チームはボットチームの位置と交代でシーズンを始めました。ゲームエンジンの基礎的な機会の分配が変更され、全てのチームが恩恵を受けるわけではないが、ゲームのバランスを改善し、格差を是正することになります。新ゲームエンジンはカウンターアタックとプレスの取り扱いを向上させました。

50ヶ国語目のバージョンとしてマルタ語がリリースされると共に、システム情報ページもリリースされ、コミュニケーションの可能性を飛躍的に向上させました。HFAは、時間厳守でアリーナに到着する新世代の試合レポーター、そして、ユースチームではシーズンの終わりに新しい指示のフォームが導入され(後にシニアの親善試合でも導入)、これらを歓迎しました。

第42シーズン(2010年4月19日)

Hattrick史上初めて、4-4-2に基づかないマッチエンジンをリリースしました。新エンジンは全てのフォーメーションを扱うことができ、もう選手を再配置しなくてもよくなり、簡単になりました。新エンジンのもうひとつの特徴は、これまでよりインナーミッドフィールダーが協力では無くなりました。

財政ページが更新され、より詳細となり、シーズン概要も加えられました。Supporterは更に、より良い概観を得られるよう財政のグラフを見られるようになりました。また、Hattrickはイタリアの代表的なスポーツ紙のGazzetta dello sport紙とのパートナーシップを開始しました。

第43シーズン(2010年8月9日)

このシーズン、Hattrickはティーネイジャーになりましたが、本当に素晴らしい画期的な出来事です。このシーズンの最大のニュースは、多くのスキルレベルでのトレーニング効果の速度の上昇でした - ただし、高いスキルレベルでは速度が鈍化しました。同時に、スキルの低下は、スキルの高さにより依存するようになり、年齢への依存が低下しました。スタッフにも変更が見られました。キーパーのアシスタントコーチがアシスタントコーチに統合され、会計士が削除され、スタッフは合計で30名までしか雇えなくなりました(各スタッフ別では最大10人まで)。

マッチエンジンのチームの緊張と相手の過小評価のシミュレーションが向上しました。また、ボールポゼッションに関するスペシャルイベントが同時に搭載されました。クラブドクターは、新たな医学的発見が怪我の長期化に終止符を打つと聞いて安心しています。怪我をした選手は最長でも+4の状態になるでしょう。

それだけでは足りなかったかのように、コミュニティの一員(jimrtex)のお蔭でリーグの機能についても改良されました。そして、コミュニティと言えば; フォーラムの検索ツールのベータ版がリリースされ、開発者もブログを開設し日常についての情報共有を始めました。

第44シーズン(2010年11月29日)

長年待ち望まれていたアラビア語がHattrickに遂に導入されました。Supporterパッケージには、ライブとホーム/アウェイ別の順位表、好きボタンや記者発表に対するコメント、そしてチーム写真が追加されました。試合前の発言は全プレイヤーに開放され、Facebookから親善試合を組むことも可能となりました。

ゲームシステム上では、個人トレーニングが削除されました。

第45シーズン(2011年3月21日)

今シーズン、Hattrickでは色々な出来事が起こりました。Hattrick内での一番大きかった変化は、全ての監督のスタートページとなるオフィスの導入でしょう。これ以外に3つ大きなリリースがありました: Hattrick United(ポータルブログ)、Hattrick Widgets(多くのサイトやブログで使えるウィジェット)、そしてHattrick Open(いつでも友人とHattrickのトーナメントが遊べます)。

Hattrick Supporterは、10周年を迎え、カスタマイズ可能な監督のアバター、リンク付きプレス発表、新しい背景、そして改良された移籍のホットリストの導入で祝いました。

カメルーン、ウズベキスタン、キューバ、そして、パレスチナがHattrickファミリーの新たなメンバーとして加わり、アイスランド語もリリースされました。

第46シーズン(2011年7月11日)

試合指示が改善され、レーティング予想と選手の理想のポジションのハイライトが導入されました。新規ユーザーはコーチからラインナップの提案を受けることが出来るようになりました。出場中の2人の選手間のポジションチェンジが可能となりました。

全ユーザーが基本トレーニングレポートへアクセス出来るようになりました。Supporterは、スタミナとコンディションの更新を含む改善されたトレーニングレポートが見られます。アリーナ使用率とファンクラブの発展のグラフは新たなSupporterの機能であり、また、CHPPアプリケーションを通して試合の指示を出せるようにもなりました。

シーズン47 (2011年10月31日)

チームに長く在籍した選手の忠誠心はプレーに良い影響を与えるようになりました。一回毎の有料機能の選手の作り変えなどがHatrrick Gearsとして導入されました。簡易版のAlltid.orgと呼べるような新しい統計も利用可能にします。Hattrick PressはHattrick Unitedに自身のブログを待ち、同時に連盟も自身のブログを開設できるようになります。

2011年のMost Favourite Simulation Gameに選ばれたことは喜ばしいことです!

シーズン48 (2012年2月20日)

下から二番目までのディビジョンではより多くの友達を招待できます。Hattrickトーナメントでは通常の試合に影響を与える怪我や警告の危険を冒さずに試合を行うことが出来ます。

ソーシャルゲームとモバイルゲームに注力するゲーム会社、Zattikkaに入ったことはHattrickの歴史において大きな一歩です。

試合用具は試合指示の画面に表示され前回のトレーニング以降試合に出場した選手はマークされるようになりました。それだけでなく、公式の Hattrick iPhone アプリをリリースし、Facebook からHattrick にログイン出来るようになりました。

シーズン49 (2012年6月11日)

新しいリクルートセンターでは友達をHattrickに招待するのが簡単になりました。Hattrick Pressと共にHattrickの経歴について記事を書ける論文コンテストを企画しました。新規ユーザーがより楽しめるよう新しい監督ライセンスで古い監督ライセンスチャレンジを置き換えました。

Hattrickが15年前に日の目を見たように、新しいレーティングシステムで試合の概要がより詳しく見られるようになることを祝したいと思います。また、記念日ページが出来て15年間の素晴らしい出来事を共有するようになりました。

スマートホンの利用者はiPhoneアプリと同機能の公式のアンドロイドアプリでHattrickを楽しめるようになりました。

シーズン50 (2012年10月1日)

レーティングのグラフは新しい詳細試合レーティングにさらなる価値を与えます。シングルマッチではどのチームにもチャレンジ可能で公式スケジュールとは別により多くの試合を組むことが出来ます。

Supporterパッケージには移籍候補、クラブテーマ、クラブロゴエディターなど諸々の大きなアップグレードがあります。また、古いSupporter特典は皆が利用できるようになります。

自動入札により監督はどうしても欲しい選手を獲得するために遅い時間でも寝ていられます。Offerwallにより現実のお金を使わなくてもSupporterやクレジットを得るためのリワードポイントの取得が可能となります。

シーズン51 (2013月1月21日)

ソーシャルネットワーク上で試合結果を友人と共有できることにより、劇的な勝利や不運な敗戦について語ることが出来ます。

Hattrick Supporterはもはや一つの製品ではなくプラチナ、ゴールド、シルバーの三つになります。国によって値段は違いますが、ほとんどの国では従来より低価格でSupporterを購入出来るようになります。

Ballsの後にもっと良いエープリルフールのジョークを誰が期待していたでしょう。審判の導入は良い試みと受け取られました。Hattrickをプレーするように友達を招待するとリワードポイントを受け取れるようになりました。

シーズン52 (2013年5月13日)

勝ち抜き戦はより早く進行する新たな試合形式で多くの試合、新しいチャレンジ、ただ単に面白くて夢中になれる試合を求める人にはうってつけです。アゼルバイジャンは Hattrick で利用できる 54 番目の言語になります。Hattrick をより親しみのあるものにするための一環としてアカウント状況のページがリリースされました。

経営的な理由からZattikkaはHattrickを元のオーナーに売り戻しました。多くの人にとっては朗報でHattrickを今後も続きますが、残念ながらHT-KlasやHT-Tjeckenのような信望を集めた仲間に別れを告げなければなりません。

シーズン53 (2013年9月2日)

記念日投票のコミュニティーからの要望によりHattrickでは長年のゴールデンゴールに別れを告げました。同じ投票により既定のラインナップを見たり、編集したり、削除できるようになりました。

シニアチームのシーズンブレーク中でもユースチームは休みの週ではなくなりました。

シーズン54 (2013年12月23日)

新しいトレーニングツールによりSupporterは選手が特定のスキルで次のレベルに到達するまでにどれくらいのトレーニングが必要なのか予測出来るようになりました。

CHPPアプリケーションのサポート改善により、サードパーティ開発者は以前は不可能であった新しくより良く興味深いアプリケーションを作成できるようになりました。

史上初めてHattrickのフォーラムの一部がHattrickをプレーしていないビジターにも閲覧可能となりました。連盟に勝ち抜き戦を導入します。さらにSupporterはライブレーティングにより試合中にレーティング変化を見ることが出来るようになりました。

シーズンの締めくくりに、財政健全化策が発表され国際的なHattrickリーグシステムの中でより公正な競争が確保されることになっています。

シーズン55 (2014年4月14日)

今シーズンは長く待ち望まれていた新スタッフシステムが日の目を見ることになり、採用に関してより意味があり興味深い判断が求めらるようになります。

下位ディビジョンでの昇格システムの見直しを行い、その結果入れ替え戦を増やし、シーズン中より長きに渡ってより多くの試合を意義のあるものにします。賞金も増額されます。

一度に一つ以上のトーナメントに参加出来るようになります。選手の怪我の履歴が一目で見られるようになりました。監督ネットワークにおいて全てのHattrickユーザーは気にかけているチームや監督の動きを追いかけることが出来ます。

選手の改名とカスタム試合イベントと共に新しいGear製品を追加します。それでも不足ならシーズンオフの親善試合も導入します。親善試合を組み忘れることがなければ毎週Hattrickの試合があることになります。

Diamondは新しいSupporterの階層で全てのGear製品をクレジット不要で利用できます。限定特典としてリプレー機能が有り、シミュレーションを十回繰り返した場合にどうなるかを見ることが出来ます。

第56シーズン(2014年8月4日)

カップ戦のシステムを完全に刷新しより多くのチームが意義のあるカップ戦の経験を出来るようになりました。さらに下位のディビジョンにはディビジョンカップを新設しました。同時に以前より賞金の額を増加し、より早い段階での獲得するようにしました。

米国英語によりHattrickは55番目の言語をリリースしました。

シーズン57(2014年11月24日)

新しいモバイルウェブと新設計のiPhone及びAndroidのアプリのリリースを嬉しく思います。インターネットにモバイルからアクセスする人には新たなゲームの楽しみをもたらす朗報となるでしょう。

Supporterは自分のネットワークリストを編集できるようになります。オープントーナメントにより監督は招待が無くてもトーナメントに参加できるようになります。

シーズン58(2015年3月16日)

今後自信はより予想がしやすくなり急激な下落は減るでしょう。棄権した場合のトレーニングの罰は取り除かれ、その週の他の試合でプレーした選手はトレーニングのペナルティを免れます。ペナルティについて言えば今後はPK戦は以前の20分ではなく数分で終わります。

Supporterは殿堂入りした選手をユーススカウト、ユーストレーナー、いずれの種類のスタッフにでもすることが出来るようになります。多くのリクエストが有ったようにモバイルアプリは今やソーシャルセクションが有り、Hattrickのフォーラムで閲覧、読み取り、書き込みがHTメールと同じように出来ます。

過去何年にも渡ってユーザーが新しいユーザーに対してHattrickを学ぶ補助をする動きがいくつかありました。もっと簡単に新しい監督のするべきことやするべきでないことを我々と同じくらいになるよう学習を助けるサポートを導入します。

オフシーズンの間に行われるSupportor限定のトーナメントカップ。通常のカップより集中的に行われ、完全に国際的、進行中たくさんのサプライズがあります。

シーズン59(2015年7月6日)

試合の分析を容易にするため試合中にプレーされた全てのチャンスの統計を表示します。ラインナップシミュレーターがリリースされ、言葉を変えれば、試合に関係なく試合の指示を試すことの出来るインターフェースのことです。

18年目の記念日に全ての選手の給料統計と言所属チームでのゴールの統計をリリースします。また、32チーム及び64チームのトーナメントを作成出来るようになります。

Hattrickがもう一つの言語、インドネシア語を導入したことを誇りに思います。自前のチャットシステムがモバイルアプリの最新の新機能としてリリースされます。シリーズのメンバー、試合相手、連盟の中のチャットルーム、勿論連盟の中の全てのメンバーに開かれた、でチャットすることが出来ます。

シーズン 60 (2015 年 10 月 26 日)

このシーズンはスタッフシステムが刷新されスタッフは契約を結ぶようになりました。戦術アシスタントを雇えるようになり、スポークスマンは引退しました。

とうとう HT 時間に別れを告げ、それぞれのタイムゾーンを選べるようになりました。中央ヨーロッパに住んでいるかどうかに関わらず時差を計算せずに試合を見られます。

シーズン 61 (2016 年 2 月 15 日)

唯一無二以上のレベルを表示するようになりました。指導員システムが改善され指導員と生徒がより良く指導関係を持てるようになりました。

シーズン 62 (2016 年 6 月 6 日)

新しいライブビューワーの導入により Hattrick のライブ観戦がサスペンスとスリルに満ちたものになり、さらに試合中にアップデートされた興味深い統計を配信するようになりました。審判は中断時間を追加出来るようになり、チャット機能の追加により試合中に対戦相手や同じシリーズの他のマネージャーと会話出来るようになりました。

チーム分析ツールによりこれから当たる対戦相手の以前の試合を素早く分析出来るようになりました。

シーズン 63 (2016 年 9 月 26 日)

チーム分析は更に大きくアップデートされ、自チーム、Supporter であれば選手も分析が出来るようになりました。試合のリプレーは非 Supporter でも Credit により利用出来るようになりました。

ブラウザー通知は何か他のことをしている時でも試合の中で起きていることを逃したくない場合に便利です。国内リーグのページがアップデートされ、興味深い統計、リーグやカップ戦の前回優勝者を表示するようになりました。

ユースチームを保有している監督には多数の改善がリリースされました。トレーニングの成果が即座に分かるようになり、スカウトが 17 才の選手を見つけて来ることは無くなりました。ユースアカデミーは持っていませんか? それならスカウトネットワークはもう 19 才の選手を提案しません。

シーズン 64 (2017 年 1 月 16 日)

Hattrick International では世界中から集まった監督と競うことが出来ます。それに全く新しいリーグなので 6 シーズン程で最初の栄冠を手にするのは誰になるのか注目されます。

怪我には新しい要素が加わりこれからは特定の部位に発生します。全治にかかる予想期間はより正確になります。チーム分析ツールはシングルマッチも対象になり改善も加えられました。

Platinum と Diamond Supporter の投票はユース選手がシニアチームに昇格可能になった際のリマインダーのリリースとなりました。

シーズン 65 (2017 年 5 月 8 日)

チャットシステムに改善を加え、試合と試合の間にチャットを見つけ、追い付き、割り込みしやすくしました。

新しい試合指示のページをリリースし、見た目だけでなく、7 人の交代枠や良いラインアップを準備するためのいくつかの機能のような新しい機能もあります。

 
 
このページを評価
Server 095